ルリコンクリームジェネリックを通販で買う前に見ておきたい口コミ

 

●ルリコンクリームの効果や働きをまとめてみた

 

ルリコンクリームは、有効成分のルリコナゾールを含有している抗真菌剤です。

 

カビである真菌を障害する抗真菌作用が高く、ルリコンクリームは次の病気や症状に効果を発揮します。

 

・白癬菌が足の指や裏の角質を侵食してかゆみや炎症を引き起こす足白癬
・顔面や体幹にピンク色から赤色の環状の斑点が形成される体部白癬
・皮膚の間擦部が持続的に密着している箇所に引き起こされる感染症の股部白癬
・膣の中にいるカンジダ菌が繁殖しておりものやかゆみなどの不快な症状を起こすカンジダ症

 

真菌による白癬やカンジダ症の治療に効果的な医薬品です。

 

なぜこれらの病気にルリコンクリームが効果を発揮するのか、メカニズムを簡単に見ていきましょう。

 

@ルリコンクリームの中には有効成分のルリコナゾールが入っている
A皮膚に寄生したカビ(真菌)の細胞膜を破壊する
B殺菌的に働いて白癬などの皮膚真菌症を改善する

 

白癬と聞くとわかりにくいのですが、端的に説明すると水虫のことです。

 

足の部位にできる水虫を足白癬、爪の中に入り込んで発症する水虫を爪白癬と呼びます。

 

ルリコンクリームのルリコナゾールは抗真菌作用を持ち合わせていますので、正しい方法で使用すると水ぶくれや皮膚のふやけの症状を治療できるのです。

 

ルリコンクリームの正しい使い方

 

ルリコンクリームは正しく使用すれば、真菌に対して効果を発揮します。

 

以下では、ルリコンクリームの合計874例の臨床試験でどのような結果が出ているのかまとめてみました。

 

<真菌消失率>
足白癬:74.6%
体部白癬:89.6%
股部白癬:100%
指間びらん症(カンジダ症):84.0%
間擦疹(カンジダ症):93.8%

 

<皮膚症状改善率>
足白癬:91.5%
体部白癬:97.4%
股部白癬:85.7%
指間びらん症(カンジダ症):69.2%
間擦疹(カンジダ症):100%
参考:https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00061378

 

これだけの効果を得るには、正しい使い方でルリコンクリームを継続しないといけません。

 

ルリコンクリームは1日に1回に渡り、患部に直接塗布すると正しい使用方法が決められています。

 

「回数を増やせば早く水虫が治るだろう」と自己判断で塗り薬を使うのは危険ですよ。

 

また、ルリコンクリームは次のように使う必要があると添付文書で記載されています。

 

・眼科用として角膜や結膜に使ってはいけない
・著しいびらん面には使用できない
・塗り忘れた場合はできる限り早く1回分を使用する
・塗り忘れて次に使用する時間が近い時は1回分で済ませる
・誤って多く使用した場合は医師や薬剤師に相談する

 

ルリコンクリームに限った話ではありませんが、抗真菌薬は使い方をしっかりと守ってください。

 

ルリコンクリームを使う上で押さえておきたいポイント

 

ここでは、ルリコンクリームを使う上で押さえておきたいポイントをいくつか説明していきます。

 

現在ではネット通販で気軽にルリコンクリームを購入できますが、副作用や使用上の注意点について確認しておくのは大事です。

 

副作用のリスクがある

 

ルリコンクリームは、水虫で悩む男性やカンジダ症を発症している女性に役立ちます。

 

しかし、ルリコンクリームの使用で次の副作用のリスクがありますので、敏感肌の方は注意しましょう。

 

・発赤
・接触皮膚炎
・湿疹
・皮膚そう痒
・皮膚刺激感
・皮膚疼痛
・皮膚水疱
・皮膚ほてり
・皮膚熱感
・皮膚灼熱感
・BUN上昇

 

ルリコンクリームは患部に直接塗る医薬品ですので、ピリピリとした刺激や湿疹を中心に皮膚に関する副作用が出ます。

 

ルリコンクリームの使用で何かしらの異変を感じた方は、早めに病院を受診して専門の医師に相談してみてください。

 

使ってはいけない人がいる

 

下記に該当する方は、抗真菌薬のルリコンクリームを使ってはいけません。

 

・有効成分のルリコナゾールに対して過敏症の既往歴がある
・妊婦または妊娠している可能性のある女性(妊娠中の使用に関する安全性は確立されていない)
・低出生体重児や新生児、乳幼児への使用(安全性が確立されていない)

 

小さな子供や妊娠中の女性、以前にアレルギー症状を起こしたことのある人が自分勝手な判断でルリコンクリームを使うのは危険ですね。

 

ルリコンクリームの口コミや評判はどう?

 

このページでは、白癬やカンジダ症の治療でルリコンクリームを使用した人の口コミや評判の情報をいくつか紹介していきます。

 

ルリコンクリームの良い口コミや評判

 

・ジメジメと湿度の高い季節になると、必ずと言って良いほど水虫の症状が酷くなります。足がかゆくなったりカサカサしたり大変だったのですが、チューブ状の塗り薬のルリコンクリームを使ってからは大分軽減しました。足の裏全体や指、かかとまで幅広くルリコンクリームを塗ると効果がアップしますよ。

 

・ルリコンクリームを塗布して足がキレイになったのは2ヵ月くらいが経った後でした。皮膚にはターンオーバーがありますので、改善するまでには時間がかかるようです。しかし、水虫によるかゆみの症状が改善しましたので、ルリコンクリームを試してみて正解でした。

 

・皮がめくれて爛れた状態になっていましたが、ルリコンクリームで回復しました。あまり大量に塗っていなければ、副作用のリスクもかなり低いと思います。ルリコンクリームのジェネリックはネット通販で格安の料金で購入できるのでありがたいです。

 

・長い期間に渡って分厚い角質で悩まされてきました。何とかしたいな〜と思っていたところで見つけたのがルリコンクリームです。毎日1回のペースでルリコンクリームを使い、3ヵ月が経過して若かりし頃の足の裏を取り戻せました。ルリコンクリームは少量でもクリームの伸びが良く、ベタベタとしない使用感が気に入っています。

 

・まだルリコンクリームを使ってから1ヵ月くらいしか経過していませんが、それなりに足白癬の改善効果は見られます。中々病院に行って治療を受けづらい疾患ですので、ネットで購入できるのは大助かりです。このままルリコンクリームを使用して、ツルツルの肌を目指していきます。

 

・足の指の間や水疱でグジュグジュとした感じになる湿潤性の水虫で悩まされていました。今までは市販薬で対応していましたが、ルリコンクリームジェネリックの方が回復スピードが早いですね。もう少しで完治しそうですが、油断せずにルリコンクリームを使い続けていきます。

 

▲ルリコンクリームの悪い口コミや評判

 

・国内で販売されているルリコンよりも、海外製のルリコンクリームジェネリックの方がクリームに伸びがあります。少量でも伸びて使いやすいのですが、個人的にニオイが苦手です。このままルリコンクリームを使い続けようか迷っています。

 

・玉袋や亀頭にかゆみが出て、試しにルリコンクリームを使ってみることにしました。1本のクリームを使い切りましたが、特に症状は改善されていません。効果に個人差があるのはわかっていましたが、このままだと辛いので病院を受診することにします。

 

・ルリコンクリームは容量がかなり多いので、長く使い続けることができます。無臭でニオイが気にならなかったらルリコンクリームは完璧でした。

 

ルリコンクリームジェネリックとは?

 

内服薬でも外用薬でも、近年ではジェネリック医薬品が数多く販売されています。

 

先発医薬品の特許が切れた後に別の製薬会社が製造している医薬品がジェネリックですね。

 

水虫やカンジダ症の治療効果を持つルリコンクリームも、ジェネリック医薬品が登場しています。

 

ルリコンクリームジェネリックにどのような特徴があるのか簡単に見ていきましょう。

 

・先発医薬品と同じように有効成分のルリコナゾールを含有している
・皮膚のカビ(真菌)を殺して皮膚真菌症を改善する効果を持つ
・先発医薬品よりも安い料金で塗り薬を購入できる

 

先発医薬品のルリコンクリームもルリコンクリームジェネリックも、基本的な効果は一緒です。

 

それは同じ有効成分のルリコナゾールを含んでいるのが理由で、水虫(手足)やタムシ(体部)に働きかけてくれます。

 

安い料金で水虫の治療薬を購入したい方は、ネット通販の個人輸入代行サイトでルリコンクリームジェネリックを注文してみてください。

 

ルリコンクリームの通販価格とクリニック処方時の比較

 

ルリコンクリームを手に入れるには、クリニックを受診して処方してもらうかネット通販で購入するかの二択になります。

 

病院やネット通販のサイトで異なりますが、以下ではルリコンクリームの価格を比べてみました。

 

クリニック処方時の価格:1本10gで1,680円
通販での価格(オオサカ堂):1本30gで1,692円

 

個人輸入代行サイトのオオサカ堂で販売されているのは、後発医薬品のルリコンクリームジェネリックです。

 

そのため、クリニックを受診して正規品のルリコンクリームを処方してもらうよりも、オオサカ堂でジェネリックを購入した方が安上がりで済みますよ。

 

同じくらいの値段でも、ネット通販のオオサカ堂のルリコンクリームジェネリックは3倍の容量が入っているのです。

 

個人輸入代行サイトは医薬品の料金が安いだけではなく、次のメリットもあります。

 

・わざわざ病院やクリニックを受診しなくても医薬品を手に入れられる
・初診料や診察料などのコストがかからない(お薬代だけで良い)
・自宅にいながら水虫の治療をスタートできる

 

使用上の注意点の説明を医師から受けることはできませんが、1本当たりのルリコンクリームの価格で比較するのであれば、クリニック処方時よりもネット通販の方が安いと心得ておきましょう。

 

●まとめ

 

以上のように、ルリコンクリームの効果や口コミの評判、ジェネリック医薬品について詳しくまとめました。

 

ルリコナゾールを含有するルリコンクリームには抗真菌作用がありますので、皮膚真菌症(足白癬・体部白癬)やカンジダ症の治療に用いられています。

 

ネット通販では安い価格でルリコンクリームジェネリックを購入できますので、症状の軽減を図るために一度使ってみてください。